自然体験、居場所作りプログラム

1月3週目 プログラム実施報告

コロナウイルスの感染拡大がひどくなってきていますね〜〜…

無理せずに、自分も周りの人も安心できる方を選びたいと思います。

PENSではプログラム実施時、こちらの対策を中心に各プラグラムでできることをしています。

コロナウイルス等感染症対策について


1/28(金)は、Gリーダーの研修。

今回は、プログラムづくりについて、普段行っているプログラムは、どういった要素でできているのか聞いた後、架空のプログラム作りに挑戦しました!テーマは、「インドアな大学生がアウトドアにどっぷりハマるプログラム」。聞いていると、今どきの大学生らしく(?)、「映えを大切にしよう!」と、なんだか気になるプログラムがたくさんできあがりました。


1/29(土)は焚火庵

前々からご予約してくださぅていた方で、焚火とともに楽しめるものを準備して来てくださっていました。


1/30(日)は、京都校&篠山校共にプログラムを実施。

京都では、アースレンジャーのフロンティアコース。

百井青少年村で、雪遊びを堪能しました。とても大きな雪だるまやかまくらを作ったり、ダイナミックなそり滑りをしたりしました。

同じく、百井青少年村で、百井キッズ村も実施しました。

今月は、お餅つき。いついつキャンプや黒豆プロジェクトでもお餅つきを実施しましたが、このコロナ禍で地域のお餅つきなどがなかなかできない状況で、とてもたくさんの方が楽しみにしてくださっていることを知りました。感染症対策を並行しつつ、なんとか続けていきたいものです。

篠山校でもアースレンジャーを実施しました。

ちるミューのなかを思いっきり走り回ったり、焚火料理にチャレンジしたり、寒さに負けずに遊びました!


2022年度 年間プログラム参加者募集中!